どちらの治療か

利用者たち

これまで失った歯を補うものと言えば「入れ歯」が一般的でしたが、最近では「インプラント」治療が幅広い人から人気を集め注目されています。
入れ歯は歯を削る必要がなく、費用がかからないなどのメリットがあります。
一方、インプラント治療も歯を削る必要がなく、入れ歯より見た目が美しくなるほか、違和感が少なく、自分の歯と同じような感覚で食事をとることができるなどの様々なメリットがあります。
ただし、高度な技術を必要とする治療なので、他の治療と比べて治療費が高めです。
どちらの治療方法が良いか迷ったときは、費用や手間だけで比較せずに、一度ちゃんと歯医者さんに相談して、自分はどちらの治療方法が適しているか相談してみると良いでしょう。
歯医者に相談するときは、複数の歯医者さんに相談することをオススメします。
きちんとインプラント治療を行っている歯医者さんは、手術前に必ず骨のCT撮影を行ってくれるので、歯医者さんを安易に決めないことが大切です。

インプラントの魅力

従来の失った歯の修復法はブリッジや入れ歯が主でしたが、ブリッジでは固定するために隣の健康な歯を削る必要があり、入れ歯ではフィット感がなく食の楽しみが大きく損なわれていました。
また、ブリッジと入れ歯も、歯根を取り除くので頬が痩せこけ老け顔になってしまうことがありました。
現在の歯科では、歯を失った場合は歯医者はインプラントを勧めることが多くなりました。
インプラントとは、インプラントという人工歯根を埋め、その上に人口の歯冠をつくる治療法を言います。
インプラントには、本物の歯のようにモノを強く噛めます。
ブリッジのように隣の歯を削ったり痛めることもなく、10年後の成績はブリッジや入れ歯と比較して最も優秀であります。

インプラントの治療には、手術が1回の1回法と手術が2回の2回法があります。
1回法には、即時負荷と遅延負荷があります。
1回法がいいのか2回がいいのかは患者さんが決めるものではありません、歯医者が最適な方法を決めるものです。
確かに1回法の方が患者への負担は少ないですが、全ては患者の口の中の状態で決まってきます。
骨や顎が健全であれば1回法でもよく、2回法の方がしっかりと治療に時間をかける事が出来て、感染のリスクも少ないです。

歯とは永い付合いになります。
まず、患者さんは希望を歯医者に伝え相談するこです。
不安を解消できないようであれば他の歯科医院へ行った方がいいです。
歯科医院は誰もが苦手な所ですが、自分にあった歯を取り戻したときは充実した生活が送れます。

オススメリンク
最新の投稿
アーカイブ
カテゴリー
カレンダー
2014年12月
« 11月    
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031